歯周病の症状はわかりにくい?セルフケアと歯医者で予防対策

歯周病、手遅れになる前に対策を!

歯周病の症状と起きる原因について

歯周病を予防するために1番大切なことと言えば、「歯を磨く」ことでしょう。ブラッシングをすれば歯周病になりにくいと思いがちですが、実は間違った磨き方によって歯石が取り除けてないこともあります。 今回は正しいブラッシング方法についてまとめてみました。

正しいブラッシングで歯周病予防を

虫歯と同じく歯を失う原因の1つとして「歯周病」があげられます。

歯周病とはその名の通り、歯ぐきなど常に歯を支えている組織の病気です。歯と歯ぐきの間に歯垢(汚れ)が溜まっていき、放っておくと歯ぐきが腫れたり、出血したりと歯ぐきの内部で炎症を起こします。
これらはまだ重度ではなく、さらに虫歯と違って歯の痛みもほとんど感じない為、この状態のまま放置する人も多いかもしれません。しかしこの病は気づかないうちにどんどん進行していき、歯を支える力が徐々に弱まり歯がぐらつき始めます。こうなってしまうと治療が困難となり、最終的には歯を抜くしかないのです。

では歯周病の原因である細菌を口の中に住み着かせない為には、どうすればいいのでしょう?
それはもちろん「歯を磨くこと」です。毎日しっかりと歯を磨くことにより、歯垢のない清潔な状態を保つことができ、細菌の増加を防ぎます。もう1つは定期的に歯科医院で受診することです。磨けていない部分もありますし、歯医者に見てもらうことで歯周病の予防に繋がります。
さらにタバコを吸う人は要注意。喫煙は歯周病を進行を早める原因となり得るので、できる限りの禁煙をおすすめします。


痛みや見た目の変化がほとんど感じられない歯周病ですが、実は歯を失う原因の第1位としてもあげられているおそろしい病でもあります。
今からでもまだ間に合います。歯の大切さを、失ってから実感することのないように、普段からの歯周病予防を心がけましょう。

歯科医院で歯周病を治療しよう

ほかの病気と同様に歯周病も早期に発見し、治療をすることが大切です。毎日のブラッシングに加えて、定期的に歯科医院で検診することをおすすめします。歯医者は専門機器で歯の隅々までチェックすることが可能なので、適切な指導をもとに、歯周病を予防しましょう。

喫煙は歯周病のリスクを高める

喫煙者は口臭がひどい、ヤニが歯についてて汚いだけでなく、歯周病にかかりやすいのです。さらに治療をしたとしても治りにくいことが判明しています。しかし「禁煙」することによって、歯周病のリスクを下げることも出来るのです。 今回は喫煙の危険性についてまとめてみました。

TOPへ戻る